水道とセットの排水の修理になる前に

水道を使う設備は、住宅の中にはさまざまなかたちで存在しています。ですが、水を使えば流さなければあふれてしまいます。そのために、排水がセットになっているはずです。排水が機能しなくなってしまえば、水道も使うことができなくなります。両方そろって初めて機能を果たすことになるのですから、詰まったりしないようにするとともに、水道 修理が必要な場合も考えておく必要があるでしょう。

■パイプクリーナーで予防

排水の存在は、水道より後回しになってしまいがちです。詰まったり、問題が出たりしてから、対応が始まっていくことがほとんどです。ですが、予防しておくことによって、修理が必要になるような事態を避けることも可能です。
単純な方法としては、パイプクリーナーを使う方法があります。詰まっているものを分解する方法になりますが、効果的な手法で、ぬめりなども取れることから清潔な環境を作り出すことができます。定期的に行っておけば、詰まるような要因を分解できるため、予防策としてかなり有効です。ただし、さまざまな薬剤と混ぜてしまうとガスが出てしまうこともあるので、使用する時は換気をするとともに混ぜないように注意が必要です。

■ぬるま湯を使っていく

キッチンなどでは、油汚れが排水にこびりついてしまうことも出てきます。毎回パイプクリーナーを使うわけにもいかないので、有効な手段となってくるのは、50度程度のお湯を流す方法です。これだけでかなり油汚れを落とすことができるようになるため、いい状態を保つためには有効な手段となっていいます。ただし、熱湯を使うと配管を傷めてしまうことが出てくるため、ぬるま湯を使用することがポイントです。

■まとめ
予防策を講じるだけでも、かなりの違いが出てくるのが排水です。つまってしまうと、場所によっては修理も大規模になってしまうでしょう。大きなリスクを抱えることになるのですから、配水が詰まらないように日常から予防をすることが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ